東京交響楽団

 

3タイトル(発売順)

熟成の響き〜スダーン&東響
究められた至高のブルックナー7番

   第22回ミュージック・ペンクラブ音楽賞でダブル受賞に輝く!

     最優秀アルバム賞(日本人演奏部門)(2)最優秀録音賞

    レコード芸術推薦  ステレオ誌SACD録音評10.0 

 

 近年の東京交響楽団充実ぶりは、従来にも増して目覚ましいものがあります。第21回ミュージック・ペンクラブ音楽賞(2008年度)コンサート・パフォーマンス賞(日本人アーティスト)を受賞したのはその表れのひとつであり、音楽誌では日本のオーケストラの最高位選ばれたほどです。

その大きな推進力になっているのが、40年にわたり心血を

注いで東京交響楽団を育て上げた秋山和慶のあとを継いで、音楽監督の任に就いたユベール・スダーン。

 ユベール・スダーンは、13年間にわたるザルツブルク・モーツァルテウム管弦楽団の音楽監督を経て、2004年に東京交響楽団の音楽監督に就任しました。

スダーンはハイドンをその出発点と定め、モーツァルト、ベートーヴェンといった古典作品を東京交響楽団のプログラムの中心に据え、さらには昨年度(2008年)のシューベルト・チクルス、本年度(2009年)のシューマン&ブラームス・チクルスを展開し、楽団の実力を一層高めています。

 ブルックナーの交響曲第7番は、2日間にわたり本拠地ミューザ川崎シンフォニーホールでセッションにより録音されましたが、スダーンとともに古典作品で培った緻密な音楽が極めて自然に作りだされており、ホールの響きを知りつくした指揮者とオーケストラによって、深い味わいのある熟成した響きがホール空間いっぱいに満たされました。

 ベルリン・フィルをはじめとする世界の第一級のオーケストラの指揮を数多く経験したスダーン自身が、録音の終了後に「東京交響楽団は今や世界のファースト・クラスのオーケストラに成長した」と確信をもって語りましたが、このCDはそれを裏付ける世界に誇るべき録音の完成といえるでしょう。

 ハイブリッドSACDを2001年創立以来推進してきたfine NFレーベルは、SACDのさらなる発展を期して、昨年(2008年)9月にSACDとCDを分離して発売することを宣言し、「神谷郁代のシューベルト」(2008年度ミュージック・ペンクラブ音楽賞)と長岡京室内アンサンブルの「ブリテンとラテン」の2作品をすでに発表しましが、本作品はその第3作としてSACDとCDを分離して発売いたします。

 


   熟成の響き

   ブルックナー

   交響曲第7番 ホ長調  (ノヴァーク版)

      東京交響楽団 ユベール・スダーン(指揮)

   SACDとCDを分離して発売

■SACD:NF61202 希望価格 4,000円(税込み2種信号入り。CDプレーヤーでの演奏不可

■CD:NF21202  希望価格:3,000円(税込み)

    第22回ミュージック・ペンクラブ音楽賞ダブル受賞 最優秀(1)アルバム賞(日本人演奏部門)  

  (2)最優秀録音賞

    レコード芸術推薦  ステレオ誌SACD録音評10.0 

   録音:2009年3月27日(金)、3月28日(土)ミューザ川崎シンフォニーホール

   発売日:2009年10月1日


 

スダーン&東響 至芸のブルックナー

おそらくこれは、わが国のオーケストラが録音した、最も緻密で、スコアの隅々まで神経を行き届かせた演奏によるブルックナーの「第7交響曲」であろう。  東条碩夫

 

スダーン率いる東京交響楽団は、我が国のオーケストラ界では本当に稀な、様式美を備えたオーケストラに成長、両者が作品のより良き再現に向けて邁進した感動的な演奏は、思わず聴き手の襟を正させるほどである。 諸石幸生

 


評価のまとめ

 

☆ホールのすぐれた音響を生かした録音と入念な演奏で、彼らの真骨頂が寸分の隙もなく  

   記録された。                                              小石忠男(レコード芸術月評 推薦) 

☆最近のオーケストラ録音は、大半がライヴになってしまったが、これを聴いて細部まで

   しっかりと音をつめたセッション録音のよさを改めて実感させられた。

                                      歌崎和彦(レコード芸術月評 優秀録音)

☆日本のオーケストラもこのような演奏ができるようになったことに驚かされる。

 精妙きわまりないアンサンブルのもと、生み出される響きにほのかなヨーロッパの香

 り。                        岡本 稔(レコ芸特集より)

☆君たちは何をやったんだ?〜指揮者、オーケストラ、録音チーム、三者のハーモニーが

 生んだ奇跡的な音楽            インタビュー記事(Audio Accessory)

☆国内オーケストラ演奏が到達した白眉の一つが、こうして質の高い制作水準で記録され

 たのは、喜ぶべきことだ。できればSACDで真髄を味わいたい。 

         宮下 博(ステレオ・サウンド記事)

 

☆演奏、録音共に、実に肌理の細かい秀作。            

 ブルックナーの分厚い音のテクスチュアの重なり合い、弾力性のある質感がリアルに感

 じられる。              菅野沖彦(ステレオ・サウンド NEW DISC)

☆ホールの鳴りを生かしたスケールの大きな録音で、細部も明晰、内声部の動きもはっき

 り聴き取れる。            東条碩夫(ステレオ・サウンド NEW DISC)

☆モーストリー・クラシック誌、2009年回顧ベストCD5に、奥田佳道氏と平林直哉

 氏が選出 

☆すがすがしい歌心をたたえたスダーンのブルックナー 

                          岡本 稔(モーストリー・クラシックCD評)

☆N&F独自のSACD専用ディスク。同時にCD盤も発売され、両者の特徴を際立てる

   企画。弦楽パートのしなやかさ、木管の暖かさなど、聴感に限りなく自然に響く                                 斎藤宏嗣(Audio Accessory 優秀録音盤10.0) 

☆最近としてはめずらしくセッション録音である。結果は非常にすばらしい。

 これだけ艶やかで豊かな響きを醸しだせるとなると、日本人として堂々と胸を張りたい

   気分である。                                                                 平林直哉(MJ Review)

                          


第22回ミュージック・ペンクラブ音楽賞に、fine NFレーベルのスダーン指揮東京交響楽団のブルックナーの交響曲第7番が、①最優秀アルバム賞(日本人演奏部門)と②最優秀録音賞の両部門でダブル受賞しました。(2つの部門の同時受賞はミュージック・ペンクラブ音楽賞初!)。

 さらに、2009年にセーラー万年筆㈱と新たに技術提携を結び発表したExtreme HARD GLASS CD《高品位ハード・ガラス製音楽CD=日本名》(通称ガラスCD)が③技術開発部賞を受賞しました。

以上3賞の同時受賞を記念して、Extreme HARD GLASS CD(ガラスCD)の特別仕様モデルを20部限定で予約販売を実施しました。(完売終了)。

 

ミュージック・ペンクラブ音楽賞3賞受賞記念

Extreme HARD GLASS CD《高品位ハード・ガラス製音楽》(通称ガラスCD)

豪華特別仕様盤20部限定予約発

番号:NF21202EX (4 580107 74039 0)
価格:98,700円(94,000円税抜き)

 

豪華仕様

1 新型特製アクリル・ケースつき(写真)
   ☆ミュージック・ペンクラブ音楽賞のロゴ入り

2 セーラー万年筆㈱との新提携記念特製高級万年筆

Extreme HARD GLASS CDのロゴ入り)  

3 同一スタンパーによるCD盤(音質比較試聴用)

4 ユベール・スダーンの直筆サイン入りブックレッ

 

無垢な情熱!

ブルックナーの交響曲第8番

前作のブルックナー交響曲第7番は、第22回ミュージック・ペンクラブ音楽賞の<最優秀アルバム賞>(クラシック日本人演奏部門)と<最優秀録音賞>の2つの部門でダブル受賞に輝くなど、演奏、録音の両面で高い評価を得ましたが、それに続く交響曲第8番の登場です。

ユベール・スダーンは、13年間にわたるザルツブルク・モーツァルテウム管弦楽団の音楽監督を経て、2004年に東京交響楽団の音楽監督に就任しました。スダーンはハイドンをその出発点と定め、モーツァルト、ベートーヴェンといった古典作品を東京交響楽団のプログラムの中心に据え、さらには2008年度のシューベルト・チクルス、2009年度のシューマン&ブラームス・チクルスを展開し、楽団の実力を着実に高めてきました。

ブルックナーの交響曲第8番は7番同様、本拠地ミューザ川崎シンフォニーホールで2日間にわたりセッション録音されました。
スダーン氏が得意とするブルックナーの交響曲の中でも、「8番は最高傑作」と自身がもっとも愛する作品であり、ホールの響きを知りつくした指揮者とオーケストラによって、深い味わいのある熟成した響きがホール空間いっぱいに満たされました。


    無垢な情熱

   ブルックナー

   交響曲第8番 ホ長調 (ノヴァーク版第2稿)

      東京交響楽団/ユベール・スダーン(指揮)

       コンサートマスター: グレブ・ニキティン

    SACDとCDを分離して発売

■SACD: NF51203 (Stereo+5.1 Surround)  CDプレイヤーでの再生不可

■CD: NF21203 (DSD to finest CD)  

 希望価格:4,000円(税込) 

   NF21203 希望価格:3,000円(税込) 

   録音:2010年11月25日、11月26日 ミューザ川崎シンフォニーホール )             

   発売日:2011年7月1日 

   Special Thanks to MUZA Kawasaki Symphony Hall

   This recording is supported by Rohm Music Foundation 


創造と発見の喜びに満ちたシューマン

マーラー版による交響曲全集完成!

 前作のブルックナー、交響曲第7番は第22回ミュージック・ペンクラブ音楽賞で最優秀アルバム賞(日本人演奏部門と最優秀録音賞をダブル受賞に輝くなど、演奏、録音の両面で高い評価を得ましたが、それに続くシューマンの交響曲全集(全4曲)のマーラー版でのリリースです。

 2009年5月から2010年3月にかけ4回にわたりサントリーホールで開催された、シューマン&ブラームス・チクルス‐シューマンの4つの交響曲とブラームスの4つの協奏曲の組み合わせ-をライブ収録したものです。

 ユベール・スダーンは、13年間にわたるザルツブルク・モーツァルテウム管弦楽団の音楽監督を経て、2004年に東京交響楽団の音楽監督に就任しましたが、スダーンはハイドンをその出発点と定め、モーツァルト、ベートーヴェンといった古典作品を東京交響楽団のプログラムの中心に据え、さらには2008年度のシューベルト・チクルス、2009年度のシューマン&ブラームス・チクルスを展開し、楽団の実力を着実に高めてきました。

 マーラー版によるシューマン交響曲全曲演奏は日本では初めての試みですが、マーラー版についてスダーンは「マーラーはシューマン読みの天才です。重要なものを聴こえやすくし、それほど重要でないものを引っ込めたのです。」と語っています。

 マーラーの校訂と、指揮者スダーンの解釈を通して、シューマンの作曲意図が明確に示された、創造と発見の喜びに満ちたシューマン交響曲全集の誕生と言えるでしょう。

 コンサートマスターは1番と3番がニキティン、4番と2番は高木和弘が担当しており、それぞれの持ち味も演奏に反映されています。

 曲順は、作曲された1番、4番、2番、3番の順に配列されています。

サントリーホールでライブ収録  DSD to finest CD


   シューマン/交響曲全集(マーラー版)       

   交響曲第1番 変ロ長調 作品38「春」

   交響曲第4番 ニ短調 作品120

   交響曲第2番 ハ長調 作品61

   交響曲第3番変ホ長調作品97「ライン」

      東京交響楽団/ユベール・スダーン(指揮)

■CD(2枚組):  MF21205/6  定価 4,000(税込)

   録音:CD-1=第1番:2009年 5月9日、第4番:2010年3月27日

      CD-2=第2番:2009年11月7日、第3番:2009年7月13日

   サントリーホールでライブ収録  DSD to finest CD

 

   発売日:2010年10月1日

   ライナーノーツ

  「創造と発見の喜びに満ちたシューマン」奥田佳道

  「ユベール・スダーン、ローベルト・シューマンの交響曲を語る」 舩木篤也  


錬成・重厚な響き

ホルスト:惑星 超重低音入り!


   錬成・重厚な響き

1. ホルスト:惑星 超重低音入り!

2. 池辺晋一郎:東京交響楽団のためのファンファーレ

  エクストラ・トラック(5.1サラウンドのみ収録)

  オーケストラ・ヴァージョン&ブラス・ヴァージョン

   東京交響楽団 秋山和慶(指揮) 

■NF61201 希望価格4,500円(税込)

   ハイブリッドSACD(3種信号入り)

   齋藤宏嗣氏録音評10.0 レコード芸術準特選盤